学生カードローンとは

最近は大学生でもいろいろと物入りの時もあります。ちょっと贅沢をしたいと思うこともあるのではないでしょうか。そんなときに上手に利用することができるのが学生のカードローンです。学校や家庭にバレてしまわないのか。あるいは今後の就職などに響くのではいかと不安があって、利用できないという学生も結構いるようです。しかし実際にはそんな心配はまったくありません。

まず学生と言っても二十歳を過ぎていなければ絶対にお金を借りることはできません。もしそれでも貸してくれると言い寄ってくる消費者金融などがあれば絶対に危険です。また銀行系では学生にカードローンを行っているところはほとんどなく、学生でも借入OKと表示されていても、ほとんど特殊なことがない限りは借入できません。つまりカードローンは消費者金融系からとなるため、総量規制は避けられません。そこでアルバイトなどの収入があることの証明が必要になり、例えば年収が100万円ならば限度額は30万円までとなります

ただし学生の審査では意外と厳しいところがあります。例えばバイト年収が100万なら30万が限度額として借りることができます。しかし借入限度額を申し込むより、必要な金額のみ申し込んだ方が審査は通りやすいと言われているのです。返す計画なしに使いまくる学生も多いため、その辺がチェックされるポイントとなることもあると言われているので、審査を上手に通るためには注意しましょう。

総量規制との関係

総雨量規制とカードローンとの関係について考えてみましょう。総量規制とは過剰貸付をしないための法律が作られたものです。内容としては債務者が年収の3分の1以上の借入ができないというものです。年収300万円なら最大でも100万円までしか借りることができない、貸すことができないということになります。

特に総量規制の対象となるのは消費者金融や信販会社、クレジット会社となっています。しかしすべての借入が対象となるものではなく、住宅ローンや車ローンなどの他さまざまなローンが除外とのこと。対象となるのは消費者金融からの借入、クレジットカードのキャッシング、信販会社のキャッシングとなります。しかし総量規制の対象にならない金融業には銀行が含まれているのです。

同じカードローンでも銀行系のカードローンなら総量規制対象とされていないので、年収の3分の1というお話はまったくなくなってしまうのです。借りる方としてはとても有り難いことではないでしょうか。銀行によっても規定はそれぞれですが、収入証明があれば800万円程度まで借入が可能となり、また100万円までは収入証明もいらない状態です。現在では総量規制によって悪徳業者が減り、銀行系の安心できる機関からの借金ができるようになりましたが、とはいってもまだまだ悪徳業者ははびこっているので注意は必要となります

カードローンについて

初めてのカードローンを経験したいと思ったときには、まずカードローンとはどういうものか知っておくことが大切です。最低知識がないと、トラブルに巻き込まれることもあるので、しっかりカードローンを理解しておくことが大切です。ここでは初めてのカードローンを使ってみたい人のためにカードローンについてのご紹介をしていきましょう。

カードローンとは銀行や消費者金融が対応できる借金システムです。無担保貸付を一般の人に行うものでローンカードを使って、私たちは何度でも借入や返済を行うことができるものです。ローンというと住宅ローンや自動車ローンなどもあります。これらの高額なローンとは違い、簡単に気楽に使用できるかわりに、金利は高めとなっているものです。そして借入の後、返済を滞ってしまうと利息の支払いも増えていき、返すことが難しくなってしまうということにもなり得ます。

以前は消費者金融が主に扱っていたキャッシングサービスですが、多くの消費者金融が法律の改正によって破綻をすることになり、それに代わって銀行が低金利で消費者向けの無担保貸付をスタートしました。それをカードローンという呼び名となりました。そして今まで大手の消費者金融はそれぞれ銀行の傘下に入るというかたちになってきたのです。そのため今までのあくどい取りたてなどのない、安心したクリーンな借金ができるようになったのです。

また主婦や学生など収入がない人も使えるようなタイプのカードローンなどさまざまな商品を売り出しています。しかし悪徳金融もまだまだ見え隠れしているのが現状で、その辺の注意も重要です。

参照HP…キャッシング・消費者金融は新生銀行グループの【ノーローン】公式サイト