総量規制との関係

総雨量規制とカードローンとの関係について考えてみましょう。総量規制とは過剰貸付をしないための法律が作られたものです。内容としては債務者が年収の3分の1以上の借入ができないというものです。年収300万円なら最大でも100万円までしか借りることができない、貸すことができないということになります。

特に総量規制の対象となるのは消費者金融や信販会社、クレジット会社となっています。しかしすべての借入が対象となるものではなく、住宅ローンや車ローンなどの他さまざまなローンが除外とのこと。対象となるのは消費者金融からの借入、クレジットカードのキャッシング、信販会社のキャッシングとなります。しかし総量規制の対象にならない金融業には銀行が含まれているのです。

同じカードローンでも銀行系のカードローンなら総量規制対象とされていないので、年収の3分の1というお話はまったくなくなってしまうのです。借りる方としてはとても有り難いことではないでしょうか。銀行によっても規定はそれぞれですが、収入証明があれば800万円程度まで借入が可能となり、また100万円までは収入証明もいらない状態です。現在では総量規制によって悪徳業者が減り、銀行系の安心できる機関からの借金ができるようになりましたが、とはいってもまだまだ悪徳業者ははびこっているので注意は必要となります